あなたの心の中にある
とっておきの八ヶ岳ストーリー
写真と言葉で伝えてみませんか?
 

7回目を迎えた八ヶ岳フォトフェスタです。
八ケ岳を望む広いエリアで、写真によるイベントや教室を開催してきましたが、新型コロナウイルスの影響で2020年度よりワークショップの開催は見送らざるを得ない状況が続いています。

「8.2みんなでフォトアップ」は例年の通り実施いたします。
「私の八ケ岳 フォトセッション」はネット応募限定で開催いたします。ただし、作品募集開始時期を秋からとする予定です。
また、それに従って締め切り時期や作品展の時期も年明け頃に変更となる予定です。詳しくは決定次第このページやFaceBookなどで公開いたします。

八ヶ岳フォトフェスタとは

八ヶ岳エリアに住む人にとっては、当たり前の景色の一部となっている八ヶ岳。その八ヶ岳の姿や環境が、なくてはならないものである事を、ともすれば忘れてしまっているかもしれません。

しかし、それは自分たちにとって必要不可欠であり、ホッとできる心安らぐ存在であることを再認識する機会の一つとして本企画を提案しています。

恵まれた自然を有する八ヶ岳周辺は、移住先、旅行先の候補としても注目される場所となっています。しかし同時に環境に関わる色々な問題も発生しています。この企画を通し、あらためて八ヶ岳周辺地域の環境の良さを確かめ、八ヶ岳周辺住民が胸を張って住む地域として、旅行者が期待を持って訪れる地域として、世界に向けて発信するきっかけにしたいと思います。

八ヶ岳フォトフェスタには三つの柱があります。

ワークショップ

プロ写真家の指導による親子対象の森や自然の中での写真体験を複数回行っておりましたが、新型コロナウイルス感染防止のため、2020年より実施できていない状況です。子どもたちの自由な発想と感性を育みながら、写真を撮る楽しさを知る機会として、ぜひ復活させたいと思っています。

フォトコンテスト

「やつ」にちなんだ8月2日限定、ネット利用の簡単フォトコン「8.2みんなでフォトアップ」と、八ケ岳の姿への思いを込めたショートストーリーを写真に添えて応募する、八ケ岳フォトフェスタのメインイベント「私の八ケ岳 フォトセッション」の2つがあります。

写真展

「私の八ヶ岳 フォトセッション」の入選作品を展示公開する写真展が「みんなの写真展-八ヶ岳フォト&ストーリー」。例年は8月募集開始、11月に展覧会でしたが、今年は秋に募集開始、展覧会は早春の時期になる予定です。
 

実行委員会からのメッセージ

八ヶ岳を愛するすべての皆様へ

この企画を通して、県や市、町といった境を越えた横のつながりを強化し、地域住民と旅行者のファンクラブのような新たなコミュニケーション創出や、八ヶ岳エリアのフォトライブラリー構築など、「八ヶ岳」と「写真」をキーワードに、継続的に取り組んでいきたいと思います。

八ヶ岳フォトフェスタ実行委員会 一同
 
林 史記
代表
清里日報主宰
 
三井 恒夫
副代表
ヒュッテグーテライゼ
オーナー
 
清水 稔三
事務局長
八ケ岳ネットワーク代表
グラフィックデザイナー
 
中嶋 一
写真家
Studio Light Box主宰
 
松村 誠
写真家
Forest主宰
 
 
井上 嘉代子
写真家
やつフォト主宰
日本写真家協会(JPS)正会員
 
飯塚 元彦
写真家
標高1400m八ヶ岳南麓で風景、動物など撮影
(公社)日本写真家協会会員

2021年度に実施したイベントやワークショップの記録はこちらです。
左のアイコンをクリックしてご覧になれます。
別タブ、または別ウインドウで開きます。

2020年度に実施したイベントやワークショップの記録はこちらです。
左のアイコンをクリックしてご覧になれます。
別タブ、または別ウインドウで開きます。

2019年度に実施したイベントやワークショップの記録はこちらです。
左のアイコンをクリックしてご覧になれます。
別タブ、または別ウインドウで開きます。

2018年度に実施したイベントやワークショップの記録はこちらです。
左のアイコンをクリックしてご覧になれます。
別タブ、または別ウインドウで開きます。

2017年度に実施したイベントやワークショップの記録はこちらです。
左のアイコンをクリックしてご覧になれます。
別タブ、または別ウインドウで開きます。

2016年度のホームページは、記録のために残してあります。
左のアイコンをクリックしてご覧になれます。
別タブ、または別ウインドウで開きます。

フォトワークショップ

八ヶ岳フォトフェスタでは、対象年齢や内容を多様に設定した
各種のフォトワークショップを計画しています。 しかしながら、
新型コロナ感染防止対策のため今年度は実施を見合わせます。

今後の内容や実施時期などは、企画がまとまり次第このホームページでお知らせいたします。自由な発想と感性を育み、写真を取ることの楽しさ、作品を作り上げる喜びを大切にすることは変わりません。そして、八ヶ岳エリアの環境を活かしたワークショップにしていくつもりです。

自由な発想と感性

写真を撮ることの楽しさ

作品を作り上げる喜び

2022年度のご案内フライヤー

参加者募集中のフォトワークショップ

8.2 みんなでフォトアップ

実行委員会スタッフ作品展

私の八ヶ岳フォトセッション

みんなの写真展 - 八ヶ岳フォト&ストーリー

特別巡回展のお知らせ

お申し込み・お問い合わせ

フォームを送信していただくと、先ず受信確認の自動メールが送信されます。それが届けば、フォームはこちらに届いているということです。
その後、正式な受付メールをお送りいたしますが、それには若干の日数がかかる場合がありますので、しばらくお待ちいただくようお願い致します。
もし、当方からのメールが届かない場合は、ご記入のメールアドレスがちがっていたか、当方からのメールがスパムメールに振り分けられてしまった場合などが考えられます。
特にスマホメールをご利用の方は、パソコンメールを受信しない設定になっていることが多いのでご注意ください。
実行委員会よりのメールは全てパソコンからのメールとなりますので、スマホをご利用の方は、当方からのパソコンメール photo001@yatsugatake.net を受信できるように設定しておいてください。

後援

山梨県、公益社団法人やまなし観光推進機構、北杜市、北杜市教育委員会、北杜市観光協会、原村、富士見町(昨年度実績)

協賛


八ヶ岳倶楽部、アシスト、ひまわり市場、宮坂醸造(真澄)、萌木の村、八ヶ岳ロイヤルホテル、金精軒、
キープ協会清泉寮、Leofoto、小海町高原美術館、八ヶ岳ネットワーク(予定を含む)

協力

Kuma Graphics、なかじま写真、写真家 松村誠、写真家 井上嘉代子、他

主催

八ケ岳フォトフェスタ実行委員会  ※連絡・問い合わせは、上のフォームからお願い致します。
 
  • 八ヶ岳フォトフェスタは、例年は北杜市環境保全基金補助事業に応募認定を受け、補助金を頂いて運営しておりましたが、昨今の新型コロナ問題もあり、今年度は独自に可能なことをしたいとの思いから、補助事業への申請をしませんでした。
  • 今年度は皆様の参加費と、ご支援によってできる限りの運営をしたいと考えています。
  • 八ヶ岳フォトフェスタ実行委員会では、八ヶ岳フォトフェスタを支援してくださる企業・団体を常に募集しています。
    後援・協賛・協力を考えていただける場合は、上の問い合わせフォームにてご連絡ください。
  • このホームページの写真の一部は、八ヶ岳フォトセッションの入選作品を使用させていただきました。